スマホの無料エロコミック

保護者失格 無料マンガ

【コミなび純稿】 保護者失格

 

「叔父さん…私、もう子供じゃないよ…」裸の姪とお風呂で絡め合う舌。
叔父の繊細で長い指が丁寧に弄ると、激しく濡れ出す下半身。
子供だと思っていた姪は、いつの間にか大人の身体、女の表情になっていた…

 

8歳の時に両親に先立たれたちづるは、
それ以来、叔父に引き取られ2人きりの家族として生きてきた。

 

これまで自分を大切に育ててくれた“親”のような存在である叔父を、
いつしか一人の男性として愛してしまい誰にも打ち明けられず苦悩して、
自分の本当の気持ちを打ち明けられないまま持て余していた。

 

そんな中、叔父の幸久が街で偶然に、
ちづるが異性と楽しく歩いている姿を目撃してしまう。

 

胸の内に言葉では言い表せない不思議な感情が芽生えてくる幸久。
「これは嫉妬なのか?」と自問自答をしながら、
交錯しすれ違い絡まり合う胸の内に残る想い。

 

この感情に相応しい名前を疑問に感じながら少しずつ狂い始める歯車。

 

そして運命はちづるが20歳になった夜をきっかけに、
突如としてその関係は崩れ出してゆく…

 

保護者として失格の幸久とちづるが一線を超えた夜。
叔父と姪の関係を超えた禁断の扉の向こう側にあるものは愛なのか?

 

保護者失格の無料マンガは

↓コチラから↓

【コミなび純稿】 保護者失格

【コミなび純稿】 保護者失格